使い方

【設定方法】印鑑押印プロセス連携プラグイン

印鑑押印プロセス連携プラグイン
社内承認手続きを電子印鑑化!テレワークにも対応可能なプラグインです!

\2020.12.31まで無料でご利用いただけます/
ダウンロードする

価格

テレワーク応援!2020年内は無料でご利用頂けます!

プラグインの設定方法

プラグインの利用開始方法や無償使用方法、契約方法は、下記URLをご覧ください

印影登録用のアプリを作成

ユーザー選択もしくは文字列一行フィールド+添付ファイルフィールドを有するアプリを作成します。
使用したいユーザーと印影をレコードに追加しましょう。
アプリでの登録なのでユーザーそれぞれで登録や印影の変更が可能です!

印鑑押印プロセス連携プラグイン

フォームの設定

プラグインをダウンロードした(利用したい)アプリのアプリ設定より印鑑押印欄となる添付フィールドを追加します。

印鑑押印プロセス連携プラグイン

プラグイン設定

プラグイン設定より、各種設定を行います。

印鑑押印プロセス連携プラグイン

プラグインを適用しているアプリのAPIトークンを入力してください。

アプリの設定からAPIトークンを作成します。
※必要な権限:レコード閲覧・レコード編集・アプリ管理
印鑑押印プロセス連携プラグイン

コピー元アプリ選択

印影を登録しているアプリを選択します。

コピーフィールド選択

先程選択したコピー元アプリのユーザー名が入力されているフィールドを選択します。

実行アクション、コピー元添付フィールド、コピー先添付フィールド選択

実行アクション:プラグインを適用しているアプリの該当するプロセスアクションを選択します。
       プロセスアクションはアプリ設定のプロセス管理から登録します。
コピー元添付フィールド:コピー元アプリの印影を登録している添付ファイルフィールドを選択します。
コピー先添付フィールド:プラグインを適用しているアプリの印鑑押印用添付ファイルフィールドを選択します。

ダウンロードボタンをクリックすることで、プラグインのダウンロードが始まります。
別途お申込み手続きを行わない限り、有償契約にはなりませんのでご安心ください

\1ヶ月無料でお試しいただけます/
ダウンロードする

コメントを残す

*