kintoneプラグイン一覧

【kintone】Googleカレンダー™対応連携プラグイン

kintoneプラグインGoogleカレンダー連携

機能アップデート!
表示レコードが条件選択できるようになりました!

Googleカレンダー™対応連携プラグインは、kintoneへ登録されたスケジュール情報をGoogleカレンダーへも自動で登録するプラグインです。

1ヶ月無料でお試しいただけます

google_Calendar_plugin

価格 5,000円(税別)/月 (5ユーザー分含む)
※Googleとkintoneで連携させるユーザー数
追加オプション 1ユーザー500円(税別)/月
(100ユーザー以上ご契約は応相談:団体割引あり)

1ヶ月無料でお試しいただけます

ダウンロードボタンをクリックすると、即時にプラグインのダウンロードが始まります。


本ソフトウェアをダウンロードし、ご使用になるためには、下記のkintoneプラグインサービス利用規約(以下「本契約」といいます)にご同意いただくことが必要です。
kintoneプラグインサービス利用規約

クライアントIDの発行・Google APIの設定

まずは、GoogleのクライアントIDを取得します。
Google API Manegerへアクセスします。

https://console.developers.google.com/apis/library

Googleアカウントのログインを求められるので、kintone側で使用するGoogleアカウントでログインしてください。

STEP1:プロジェクトを作成する

APIライブラリの画面が開きます。左上の「プロジェクトを選択」をクリックしてください。

右上の「+」ボタンからプロジェクトを新規作成します。
②プロジェクトを新規作成

 

プロジェクト名を入力して左下の「作成」ボタンをクリックして下さい。
③プロジェクト名入力

 

左上の「プロジェクトを選択」をクリックし、ポップアップ画面から作成したプロジェクトを開いて下さい。
④プロジェクトを開く

 

STEP2:APIを有効にする

googleカレンダーのAPIを有効にします。
Google API Manegerから左メニュー「ライブラリ」をクリックしてください。

 

検索ボックスに「google calendar」を入力します。
「Google Calendar API」が表示されますので、こちらをクリックしてください。
googlecal_API有効設定2

 

上部にある「有効にする」をクリックし、APIを有効にします。
googlecal_API有効設定3

STEP3:認証情報の作成

APIダッシュボード画面から「認証情報を作成」をクリックします
⑧認証情報を作成

 

項目を選択し、最後に「必要な認証情報」ボタンをクリックしてください。
⑨認証情報選択

 

項目を入力し、最後に「必要な認証情報」ボタンをクリックしてください。

必要な設定を決定します:ウェブブラウザ(javascript)
アクセスするデータの種類:ユーザーデータ

⑩クライアントID作成

 

ユーザーに表示するサービス名:ウェブアプリケーション

⑪認証サービス名入力

 

⑫クライアントID発行

 

クライアントIDが発行されます。
プラグインの設定で使用しますので、コピーしておいてください。

Googleでの設定は以上です。

プラグイン設定

まずはこちらの「利用開始」ボタンを押してください。
プラグインの設定画面(初回)

プラグインの設定前に、アプリ内に文字列複数のフィールドを追加してください。
(連絡先情報を保存するフィールドに使用します。登録すると、一覧画面、レコード詳細、編集画面からは非表示となります)

Googleカレンダー™対応連携プラグインの設定画面を開きます。

google_conatct_プラグイン設定

■カレンダーを表示するカスタマイズビュー名を入力してください。
自動的にカレンダー形式の一覧が作成されます。

■Google Calendar APIを認証したクライアントIDを入力してください。
上記で作成したgoogleのクライアントIDを入力してください。

■イベント登録者のユーザー情報を保有するフィールドを選択してください。
レコード作成者、ユーザー選択フィールドから選ぶことが可能です

■Googleと連携するユーザーとメールアドレスを選択してください。
googleカレンダー連携を使用するユーザーを選択してください。
※ユーザを選択することで、kintoneへ登録されているメールアドレスが自動的に入力されます。
kintoneに登録されているメールアドレスは、googleへログインするメールアドレスは同一のものを登録してください。

■カレンダーイベントの情報を保存するフィールドを選択してください。
先ほど追加した文字列複数フィールドを設定します。
(一覧画面、レコード詳細、編集画面からは非表示となります)

■Googleカレンダーと連携するフィールドを選択してください。
「タイトル」「開始日時」と「終了日時」のフィールド設定は必須となります。日時フィールドをご用意ください。
・「ゲスト」フィールドはユーザー選択フィールドがご利用になれます。ここに登録したユーザーにはgoogleカレンダーのイベント招待のメールが送信されます。
※終日表示を行う場合は、フィールドにチェックボックスフィールドを作成し、チェックボックスを1つにして保存してください。(チェックボックスが1つのフィールドが終日表示として認識されます)

■カレンダーイベントの色の設定条件フィールドを設定してくだい。(任意)
一覧のカレンダー表示の際に、色分けする条件を選択できます。

■条件を指定してください。(任意)
各ユーザーごとによって色を設定することが可能です。
色のラベルを選択すると、カラーピッカーで色を指定することも可能です。

\1ヶ月無料でお試しいただけます/
ダウンロードする

注意事項

 

お問い合わせの多いエラー内容と対処法をまとめています。
うまく連携できなかった際、ご確認ください。
上手く連携できない方はコチラ

ブラウザのポップアップブロックを解除して利用してください。
(保存ボタンをクリック後、Googleへのポップアップが開きます。ポップアップをブロックしていると正常に保存が完了しませんのでご注意ください)
次のようなエラーが出た場合ポップアップのエラーが出ている可能性があります。
ポップアップの設定1
一度キャンセルしてポップアップを解除します。
ポップアップの設定2  
ポップアップの設定3
右上のポップアップを開き、許可するにチェックを入れて完了を押す。

・フィールドのアクセス制限について
①Googleキー情報を保有するフィールドにアクセス制限を付与すると、Googleと連携できないためプラグインが正常に動作しません。
②プラグイン設定フィールドにアクセス制限を付与すると、ユーザーによってはプラグインが動作しなくなります。
③プラグインで設定していないフィールドのアクセス制限に関しては、プラグインに影響はありません。

・Googleカレンダー™の終日表示フィールドは設定値が一つのチェックボックスフィールドのみ選択可能です。

・ユーザを選択することで、kintoneへ登録されているメールアドレスが自動的に入力されます。
kintoneに登録されているメールアドレスは、Googleへログインするメールアドレスは同一のものを登録してください。

・イベント登録者のユーザー情報を保有するフィールドには1名しか設定できません。
複数人設定した場合、一番上のkintoneユーザーのみにGoogleへの連携が行われます。

・「Googleと連携するユーザーとメールアドレスを選択してください。」に登録しているユーザーのみがGoogleカレンダーに自動的に登録されます。
ご登録されていないユーザーをイベント登録時に設定しても、Googleカレンダーへは登録されません。

・Googleカレンダーへ自動的に登録されるのは、Googleアカウントにログインできるユーザーのみです。

・Googleカレンダーへ登録されるのは、レコードを新規作成・編集・削除した時のみです。
一覧からの操作に関しては反映されませんのでご注意ください。

・利用ユーザーは最低5ユーザーからとなっております。

・Google contact連携プラグインとGoogleカレンダー™対応連携プラグインは同一アプリ内でのご利用はお控えください。

・Googleでの同一ドメインの設定(google Apps)やOAuth クライアント ID等のご質問はお受け致しかねます。
設定代行のサービスは別途有料サービスにてご提供しておりますので、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

その他注意事項


年間契約がお得です!


年単位での一括お支払いの場合、利用年度に応じた割引サービスがございます。
・2年間分:5%OFF
・3年間分:10%OFF
例:2年間分の場合、〇〇〇円×2年間分×5%OFFの金額を一括請求

・セキュアアクセス環境について
セキュアアクセス環境での利用は非推奨となっております。動作保証は致し兼ねます。

・β版ご利用について
β版製品は無料でお使いいただけますが、試使用と性能向上を行うテストを目的としているため、その性質上、不具合や誤動作など正常ではない不具合が含まれる可能性があります。
不具合や改善要望がございましたら、下記フォームよりお問合せくださいませ。
改善要望フォーム

・無料利用期間について
すべてのプラグインに1ヶ月の無料お試し期間を設けております。
無料お試し後使用し続ける場合はプラグイン設定画面にある”ご購入フォーム”よりお手続きください。

・支払い方法について
お支払いの流れは以下になります。
①有償契約をご希望の場合、ご希望の支払い形態を弊社にご連絡ください。

②弊社より、契約内容のご確認と、請求書の発行、支払い方法をご連絡いたします。

③お支払いが確認できましたら、プラグインをアクティベート(有償契約状態)にさせていただきます。
※有償契約は利用開始月から1ヶ月単位のご契約となっております
【月払いの場合】
◆プラグイン内からのクレジット月額支払い(毎月自動引き落とし)
一度ご契約いただきますと自動で毎月決済を行いますので、以降のお手続き等は不要です。
◆請求書発行によるクレジット支払い(請求書発行からの毎月お支払い)
毎月、弊社より請求書の発行と支払いURLをお送りいたしますので、
URLから振込期日までにクレジットでのお支払い手続きをお願いいたします。
◆請求書発行による銀行振込(請求書発行からの毎月お支払い)
毎月弊社より請求書の発いたしますので、振込期日までに銀行にてお支払いをお願いいたします。
(振込手数料は恐れ入りますが、ご負担ください。)
【年払いの場合】
銀行振込、請求書発行によるクレジットでのお支払いに対応しております。
(プラグイン内からのクレジット支払いは非対応です)
契約更新の前月になりましたら、弊社より請求書を発行させていただきます。
【買切の場合】
銀行振込、請求書発行によるクレジットでのお支払いに対応しております。
(プラグイン内からのクレジット支払いは非対応です)

銀行振り込みをご希望の方は、下記フォームよりお申込みください。
銀行振込申し込みフォーム

・課金開始の時期について
ご購入フォームからお申込み後、すぐの開始となります。

・契約期間について
最低契約月数は1ヶ月となっております。
また、途中解約につきましては、解約日の翌月から解約となります。途中解約や返金はできませんのでご注意ください。
また、1ヶ月内にご契約とご解約を繰り返した場合、再契約時から1ヶ月単位のご契約となりますので、既にお支払いただいた期間分のご返金は致しかねます。

・解約方法について
サービスを終了したい前月の5営業日前までに解約手続きをお済ませください。
毎月末の5営業日前までに解約手続きが行われなかった場合、翌月のサービス提供を自動的に行います。

・動作環境について
・kintoneの動作環境に準じますが、Internet Explorer 11以前のバージョンには対応しておりません。
※即時アクションプラグインに関してはIEInternet Explorer 11に対応しております

・safariをお使いの場合、ダウンロードされたファイルを自動的に解凍されてしまいますので、以下の設定をお願いします。
safariの環境設定を開いて「一般」をクリック、一番下の「ダウンロード後、安全なファイルを開く」のチェックを外します。
こちらの設定で解凍せずにそのまま読み込むことが可能になります。

・スマートフォン対応について
PC用の画面にのみ対応しております。

・ご利用前に利用規約をご確認下さい
kintoneプラグインサービス利用規約