利用ユーザーを途中で追加した場合(クラウド版)

外部連携の設定

管理者の方が行う設定です

1.「Cybozu.com 共通管理設定」内の「外部連携」をクリックします

ユーザー追加1

2.作成してあるガル助用OAuthクライアントの連携利用ユーザーの設定をクリックします

ユーザー追加2

3.ガル助連携を行う追加ユーザーにチェックを入れ、「保存」ボタンをクリック

ユーザー追加3

ポートレットの設定/カスタマイズの設定にてアクセス権(適用対象)の指定している場合は、
併せてそちらの設定も必要です。

連携・認証設定

※Google/Microsoft365のパスワードを変更した場合、再認証が必要です。

Garoon とMicrosoft(Office)365/Google の認証を行います。認証は連携を行うユーザー自身で行います。

Office365/Googleカレンダーの連携先を指定のカレンダーにて行う場合は、初めに「Office365 認証/Google認証」→「カレンダー名の入力」→「Garoon認証」の順で認証を行ってください。
※カレンダー名を指定しない場合は、デフォルトカレンダーに連携します。先に「Garoon認証」を行ってしまうと、自動的にデフォルトカレンダーへ連携が開始されます

  1. ポートレットに「Garoon 認証」「Microsoft(Office)365 認証」のボタンが表示されていることを確認します。
  2. 「Garoon 認証」「Microsoft(Office)365 認証/Google認証」の各ボタンをクリックし、連携を行う各ユーザーアカウントで認証を行います。
    ※ブラウザのポップアップを許可してください。
  3. 認証設定

    ▼Garoon認証
    【ガル助クラウド】garoon認証

    ▼Microsoft(Office)365連携の場合

    【クラウド版ガル助】office認証

    1. 表示されたポップアップから連携するアカウントを選択
    2. 認証が正常に完了すると、「認証が完了しました」とのメッセージが表示されるので右上「×」でウィンドウを閉じてください。

    ▼Google連携の場合

    【ガル助クラウド】google認証

    1. 表示されたポップアップから連携するアカウントを選択
    2. 「許可」をクリック
    3. 認証が正常に完了すると、「認証が完了しました」とのメッセージが表示されるので「OK」でウィンドウを閉じてください。

    Microsoft(Office)365 の連携先カレンダーを選択する場合は[クリックして新しいカレンダー名を入力してください]ボタンをクリックし、「Microsoft(Office)365/Google の予定表名」欄に選択したいカレンダー名を入力し「確認する」ボタンをクリックしてください。
    Microsoft(Office)365/Google 側に該当のカレンダーが存在する場合は、以降は確認したカレンダーにスケジュールが連携します。

    以上で設定は完了です!

よくある質問

よくある質問

お問い合わせ前にご確認ください

Q&A

お問い合わせ

お問い合わせ

専用のお問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問い合わせフォーム
試用申し込み

お試し利用申し込み

1か月無料で利用が可能です。
お試し利用後のご契約となりますので安心してご利用ください。

ガル助 カレンダー連携ソリューション for Garoon(Office365 / Google)