6月末まで

IT導入補助金を利用して

開発費用を3分の1にするチャンス!

「IT導入補助金」とは平成28年度補正予算として措置されたサービス等生産性向上IT導入支援事業で、
中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、
中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としている制度です。

IT導入補助金 二次公募についてのお申込みは、
6月19(月)をもちまして、締め切り致しました。
この度は、沢山のお問合せをいただき、誠にありがとうございました。

平成29年3月31日~
平成29年6月30日まで

様々なITツール導入・開発が適用されます

ITツールの導入を検討されている方、「IT導入補助金」申請を検討している方は
無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

IT導入補助金について

1

IT導入補助金って・・・?

今年度に特定のITツールを導入する会社がいたら、経費の一部を補助してあげますよ、という事業です。
補助金は、融資とは違い原則返済不要な資金ですので、活用して損はありません。
「IT導入補助金」の一次募集については、2017年2月28日(火)を以って終了しましたが、2017年3月31日(金)より二次募集の申請が開始されています。二次募集申請期間については以下の予定となっています。

平成29年3月31日~平成29年6月30日17時まで[予定]

また、今回の補正予算枠が100億円となっており、予算がなくなり次第補助金の給付は終了となります。二次募集ということで申請が多数となる事が想定されるため、早めの申請が必要となります。

2

IT導入補助金の対象となるもの

1. パッケージソフトの本体価格
2. クラウドサービスの導入・初期費用
3. クラウドサービスに於ける契約記載の運用開始(導入)から1年分のサービス利用料・ライセンス・アカウント料金
4. パッケージソフトのインストールに関する費用
5. ミドルウェアのインストール費用
6. 動作確認費用
7. ITツール導入に伴う教育・操作指導・事業計画に関わるコンサル費 ※関連会社、取引会社への説明会費用などは対象外
8. 契約記載の運用開始日から1年分の問合せ&サポート保守費用
9. 社外・社内・取引先向けホームページ制作サービス初期費用
10. 契約書記載の運用開始日(導入日)から1年間のWEBサーバー利用料(既存HPの日常的な更新、改修費用は対象外)

3

必要な手続き

IT導入補助金で特徴的なのは、先ほどの図で中央に位置する
「IT導入支援事業者」の存在です。補助金を受けようとする事業者は、以下の申請書類を作成し、IT導入支援事業者に提
供・代理申請依頼を行います。

●交付申請書
●補助事業者情報登録申請書
●事業計画書(補助金額により様式が変わります)
●導入ITツール(ソフトウエア、サービス等)申請書
●補助事業申請に伴う宣誓事項
●法人の履歴事項全部証明書の写し、または個人事業主の場合は開業届の控の写し
●経営力向上計画認定の写し

4

申請・手続き期間

各手続きには期間があります。
・交付申請期間:
平成29年3月31日(金)~平成29年6月30日(金)17時まで
※中間での採択は行いません。
・事業実施期間:
交付決定日以後~平成29年9月29日(金)
※上記期間内に導入および支払いを完了してください。
・完了報告期間:
事業完了日から起算して30日を経過した日又は平成29年9月29日(金)のいずれか早い日まで。

※交付決定前に行われる事業については、補助対象外となりますのでご注意ください。

様々なシステムで補助金申請ができます。

plan

kintone × AWS


ここがポイント


・kintoneの容量が足りない
・毎月週次報告や月次報告にアプリを跨いだ集計がしたい
など、kintoneだけでは実現できない機能はAWSと連携し実現することが可能です。

kintone × WordPress


ここがポイント


ホームページなどで、会員登録やセミナーの申し込み、アンケートなどの入力フォームを簡単に作成でき、kintone(業務システム)と連携することで一元管理が可能となります。

一般的なホームページ上の入力フォームでは、送信されたデータがメールで担当者に通知されるのが一般的です。
社内で分析し共有するためには、どうしても担当者のデータの編集業務が必要で、フォームの登録情報が分散してしまいます。
kintone with WordPress連携ソリューションでは、ホームページから送信されたデータをkintoneに直接登録するので、データが一元管理され、編集業務や登録ミスがなくなります。

kintone部材管理

「kintone」を活用することで、今までの業務効率を格段に向上・作業時間短縮することが可能です。



kintoneを使用することにより、建材情報をkintone内で一元管理、実際の建材にkintoneから発行したQRコードを貼り付け、QRコードを読み込むと、パソコンのない現場の作業員でもお手持ちのスマートフォンからワンタップでステータスなどの更新が可能になり、リアルタイムな情報の確認が行えます。また、kintoneの標準機能を活かし、データ集計から報告資料作成までたったの5分で作成可能となります。

価格表

部材管理パッケージプラン50万円~

COMING SOON

システム導入で様々な業種が業務効率化に成功しています!

service

営業・サービス業

営業・サービス業

顧客情報をシステムで一元管理することにより、現在の営業状況、アプローチ方法、スケジュールの管理が容易になり、業務がスムーズに回るようになりました。

介護業界

介護

スタッフの一日のスケジュールや、連絡事項、細かな注意点などを紙で管理されていましたが、システム導入することで、連絡漏れがなくなり、お手持ちのスマートフォンからでも確認が可能となったので、大幅な資源の削減にもつながりました。

物流関係

介護

資材や部材を紙とエクセルで管理されておりましたが、システムを導入することで情報を一元管理でき、どこにいてもリアルタイムな情報を確認することが可能となり発送のミスや漏れを軽減することに成功しました。

ネットショップ・商店

介護

ホームページからのお問合せ・注文情報を直接システムと連携し管理することにより入力漏れやミスがなくなり、スムーズな顧客対応が実現しました。

中小企業こそが、ITの力で業務効率を向上させなければならない中、資金力の問題か、
なかなか「昔からのやり方」を脱却できない事業者様を良く拝見します。

日本経済を支える97%もの中小企業こそが、こういった助成を活用しシステム化を進めることで、
事業を活性化し盛り上げていかなければならないはずです。

今回の補助金は、採択されたら導入するという選択も可能です。

お申込み・お問合せ

contact

お申込みは締め切りました

IT導入補助金 二次公募についてのお申込みは、
6月19(月)をもちまして、締め切り致しました。
この度は、沢山のお問合せをいただき、誠にありがとうございました。

会社情報

company

会社名
株式会社ノベルワークス
電話番号
050-3188-0601
住所
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目6-20
サービス
・クラウドサーバー導入支援
・WEBサイト作成
・業務システム導入支援(kintone)
・セミナー事業(kintone university)
ホームページ
https://www.novelwroks.jp