chobiit for kintone
ユーザー利用マニュアル

webフォームを作成する

webフォームに利用するkintoneアプリを用意する

webフォームに利用するkintoneアプリ

webフォームに表示させたい項目を作成します。フィールド単位で表示/非表示を選択できるので内部の処理に利用したいフィールドなども追加していきます。

APIを設定する

作成したアプリのAPIトークンを設定します。

APIトークンを作成する

APIトークンを作成する2

必要な設定
アクセス権:レコード追加にチェック後保存
生成したAPIトークンをコピーしておきましょう

chobiit設定アプリで設定

chobiit設定アプリのプラグイン設定を開きます。
新規作成をクリック

Chobiitアプリ設定

先ほど作成したアプリを追加します。

chobiitアプリ設定2

認証機能:外部公開
連携アプリのAPIトークン:先程コピーしておいたAPIトークンを貼り付け
機能設定:追加 iframeタグはHPにフォームを埋め込む際に使用するのでコピーしておきましょう。
表示設定:webフォーム上で見えてほしくないフィールドを追加し、非表示にする

Chobiitでの表示設定

chobiitでの表示設定

保存ボタンの名称:レコードを保存するためのボタンの名称を変更できます。
画面カラー設定:ご自身のHPの色合いに併せて変更可能です!

その他設定

その他の設定

レコード保存後のページ表示設定:ON
レコード保存後表示されるサンクスページを作成します。

ここまで設定できたら保存します。
(更新)も忘れずにクリックします。

webフォームをHPに設置

webフォームをHPに設置

webフォームをHPに設置

レコード追加画面のiframeタグをHP上の埋め込みたい場所のコード内にコピー&ペーストします。
問い合わせ内容を記入し送信ボタンが押されると、自動でkintoneアプリのレコードが追加されます。
送信後、先ほど設定したサンクスページが表示されます。

よくある質問

よくある質問

お問い合わせ前にご確認ください

Q&A

お問い合わせ

お問い合わせ

専用のお問い合わせフォームよりお問い合わせください

お問い合わせフォーム
試用申し込み

トライアル利用申し込み

1か月無料で利用が可能です。
お試し利用後のご契約となりますので安心してご利用ください。

       

Chobiit for kintone || kintone外部連携サービス