使い方

【設定方法】即時アクションプラグイン

kintone即時アクションプラグイン

即時アクションプラグインを使用すると、画面遷移することなく他のアプリへフィールド情報をコピー(自動登録)することが可能です。
また、kintoneの標準機能ではできないサブテーブルラジオボタンチェックボックス複数選択の値もアプリへ登録&コピーできます。

\1ヶ月無料でお試しいただけます/
ダウンロードする

価格

★キャンペーン中★
キャンペーン期間中にプラグインをご購入の方限定!
表示価格から、最大50%OFFのチャンスです!
●月額利用料:30%OFF●
●買い切り価格:50%OFF●

詳しくはこちら ⇒ キャンペーン詳細ページへ

月額 5,000円(税別)/ 1ドメイン
買い切り 400,000円(税別)/ 1ドメイン

プラグインの設定方法

プラグインの利用開始方法や無償使用方法、契約方法は、下記URLをご覧ください

各設定項目の説明

即時アクションプラグイン_設定1

アクションボタンの名前を選択してください。

アクションボタンの名前が設定できます。

プラスボタンを押すことで、複数アクションを設定することが可能です。

アクション先アプリを選んでください。

アクション先のアプリ(データをコピ登録するアプリ)を選択します。

コピーするフィールドを選んでください。

アクション実行時にコピーして登録したいフィールドを設定できます。アクション実行後、自動的にアクション元のレコードと同じ値が登録されます。

サブテーブルのコピーについて:アクション先のアプリにアクション元と同じサブテーブル項目がある場合、該当するフィールドをコピーします。(サブテーブルが複数行ある場合も、複数行をアクション先のアプリにコピーします)
※フィールドコードを一致させる必要があります。

入力するフィールドを選んでください。

アクション実行時に入力したいフィールドがある場合は選択することでアクション実行時に入力フィールドが表示され、アプリを遷移することなくフィールドに入力し、登録することが可能です。

※アクション先のアプリに必須項目がある場合、「コピーするフィールド」「入力するフィールド」のどちらかで必須項目を選択してください。

複数のアクション設定が可能です

「アクション先アプリ」の横にある「+」をクリックすることで、設定欄が追加されます。

ダウンロードボタンをクリックすることで、プラグインのダウンロードが始まります。
別途お申込み手続きを行わない限り、有償契約にはなりませんのでご安心ください

\1ヶ月無料でお試しいただけます/
ダウンロードする

その他プラグイン